トップページ診療のご案内>内視鏡

内視鏡による観察・診断・治療

内視鏡による観察と治療は、正確で即時性が高く、ペットの負担を大幅に減らすことが出来ます。生体の組織の一部を採取し、病気等の診断を行う生検は開腹手術なしで行えます。からだの内部の状態を調べる他の診断方法(レントゲン、MRIなど)と比較して、臓器や病変部の状態を直接観察できる特長があります。全身麻酔が必要です。

正確性と即時性を実現

からだの内部をリアルタイムに確認
  • 異物誤食時の正確な診断が可能
  • 臓器や病変部の状態を、肉眼に近い状態で観察可能
観察・診断中の処置や治療が可能
  • 用途に応じて、つかむ、はがす、採取する、止血するというような処置が可能
  • 内視鏡を使うことにより、開腹手術が必要のない場合も
0798-63-2200